取締役が亡くなった場合はどうする?

株式会社の取締役が亡くなってしまった場合、早急に法務局に「取締役の死亡による変更登記」を申請する必要があります。

この場合、申請書には取締役の「死亡を証する書面」を添付する必要がありますが、この「死亡を証する書面」とは何でしょうか?

まずアタマに浮かぶのは何でしょう?

戸籍謄本?死亡診断書?

これら上記のものが用意できればOKですが、これ以外にも親族等が作成した書面でも大丈夫なんです。

ポイントは誰が亡くなったのか?ということと、死亡の日付けが正確であること。

万が一死亡の日付を間違えると虚偽の登記申請になってしまうのでご注意ください。

>会社の登記をカンタンお手軽に 

会社の登記をカンタンお手軽に 

専門家が申請書を作成 ご自身で登記申請